カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

カラヤン&ベルリンフィルの関連書籍

Pocket

カラヤンやベルリン関係の本は実は2冊しか持っていません(^^)/

IMG_11182

◆カラヤン全奇跡を追う

でははじめにご紹介するのが音楽之友社の「カラヤン全奇跡を追う」です。

この本はカラヤン&ベルリンフィルファンならば絶対に持っておきたい充実した内容です。

レコーディング(587タイトル)や演奏会などの全記録をはじめ、カラヤンの生い立ち、評論家によるおすすめのCDなどです。

IMG_11192

カラーは巻頭の2~3ページぐらいで後は白黒。カラヤンのファミリーについても記載があれば良かったですね。

買ったのはかなり昔ですが、この本はたまに見る良書です。

◆ベルリンフィルハーモニー

2冊目はこれも音楽之友社の「ベルリンフィルハーモニー」です。

IMG_11202

シリーズ本で結構小さめな本です。20ページほどはカラヤン関係で、後は客演指揮者やベルリンフィルの団員や歴史などです。

ちなみに表紙にはゴールウェイが写ってます。彼が在籍していた1960年代後半から1970年代中頃ぐらいの写真でしょう。

後は、楽屋に訪れたフルトヴェングラー未亡人との対談やプローベ中(試用期間中)のクラリネットのザビーネ・マイヤーなんかの写真もちょこっとあります。

全体的に80年代の写真が多いかなといった印象です。

◆その他

後は図書館でゴールウェイやライスターの自叙伝、ベルリンフィルの写真集などを借りて読んだぐらいです。

クラリネットのライスターの「ベルリンフィルとの四半世紀」はベルリンフィルファンにとっては興味深い内容となっていますので機会があれば読んでみてください。

ゴールウェイや土屋邦雄さんのオーディション時のエピソードも書かれていてなかなか面白いですよ。

ベルリンフィルの写真集では「ザ・オーケストラ」とういうのが好きでした。ちょっと大きい写真集なんですが、ベルリンフィル団員にかなりスポットを当てた内容となってます。

日本公演の時にホテルオークラかどこかに泊まったんですが、部屋で楽器の練習とかするもんだから他のお客からフロントに苦情が殺到したりなんてエピソードもあったかな。

ほとんどが絶版になってしまって今はヤフオクとかアマゾンのマケプレなどで入手可能なようです。

Pocket

関連記事

70年代コンプリートボックス

べートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーン、シューマンの交響曲全集、10代のムターを世界に紹介することとなったモーツァルトとベートーヴェンの協奏曲録音、
そしてカラヤンにとっては非常に珍しいバロック録音(クリスマス協奏曲集)など、充実のレパートリーを収録。

カテゴリー