カラヤンとベルリンフィル研究サイト

カラヤン ライブNG集-一流オーケストラ団員でもミスはある

2021年9月3日

カラヤン指揮ベルリンフィル・ウィーンフィルのライブNG集を動画付きでご紹介致します。一流オーケストラ団員でもミス(失敗)はあるもの。気楽にいきましょう!

カラヤン ライブNG集-一流オーケストラ団員でもミスはある

ベルリンフィルやウィーンフィルも人の子。プレッシャーやその日の体調でミスはあるもの。

ちょっとだけご紹介しましょう。

ベートーヴェン「交響曲7番」第一楽章

1977年東京ライブ。第一楽章序盤のオーボエが失敗。これも譜面読み間違えか?緊張で頭真っ白状態か?

ローター・コッホのミスとも思えないが誰だろう。この日は2番手が吹いたのだろうか。

チャイコフスキー「交響曲4番」第三楽章

1984年ウィーンフィルとのライブ。難曲で知られるチャイコ4番第3楽章の途中でピッコロがコケる。

一歩手前で間違って入ってしまう。30分50秒あたり。

ソロゆえに目立っちゃいましたね。ウィーンフィルはミスがほとんどないという印象があるので珍しいです。

ムソルグスキー「展覧会の絵」第一楽章

1988年東京ライブ。これはご存じの方も多いはず。第一楽章冒頭のトランペットソロがいきなり音を外す。なんとしても避けたかった・・・・安永氏どう思う。

やはり序盤のミスというのが結構多そうですね。初めは緊張するからでしょうね。

ライブゆえに失敗も付き物ですが、ライブだからこそCDにはない熱気が伝わる名演奏も多数あります。

番外編

カラヤンではありませんが、クラシックコンサートの様々なNGを集めた傑作選です。

こんなこともあったんだ~という面白いものがたくさんあります。是非ご覧下さい。


関連記事

今すぐカラヤン名盤を聴く!




カテゴリー

管理人プロフィール

都内在住のおじさん。趣味はクラシック音楽とバイク、パソコンなど。