カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

Pocket

1882年創立のドイツの名門オーケストラ。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とは正式名称はBerliner Philharmonikerであり、ベルリン市のお抱えオーケストラとして活動するときはBerlin philharmonic orchestra となる。オーストリアのウィーンフィルハーモニー管弦楽団とアメリカのシカゴ交響楽団(オランダのロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団の説もあり)、そしてベルリンフィルが世界三大オーケストラとされています。初代指揮者はハンス・フォン・ビューロー。詳しくはベルリン・フィル公式ホームページ

スポンサーリンク

◆ベルリンフィルの歴史と特長

創立は1882年、現在楽団員は115名。元ローラースケート場を改造し、2500名収容のフィルハーモニーを作った(後に戦災で消失)。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(以下ベルリン・フィル)とは、世界一、二位を争う名門オーケストラだったのです。これだけじゃわからないからもう少し説明しますと、とにかくミスが少ないのです。そしてリズム感が抜群!何十人が同時に演奏しているのに音がひとつに聞こえたりします。

また、ベルリンフィルの団員ということに対する誇りが自信に満ち溢れた音に聴こえるのです。そして高給ゆえにいい楽器を使っているので音色がいいのです。

また、団員の多くは世界の有名オーケストラなどで活躍後、辞めてベルリン・フィルに入団しています。とにかく全員が先生の先生、つまり校長先生みたいなもんなんです。前に座ってる後ろに座ってるとか関係なく、どこの席からも自分がスタープレイヤーのごとく輝いているのです。

ベルリンフィルの首席指揮者

在任
指揮者
国籍
2018- キリル・ペトレンコ ロシア
2002-2018 サー・サイモン・ラトル イギリス
1990-2002 クラウディオ・アバド イタリア
1954-1989 ヘルベルト・フォン・カラヤン オーストリア
1952-1954 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー ドイツ
1945-1952 セルジュ・チェルビダッケ ルーマニア
1945 レオ・ボルヒャルト ロシア
1922-1945 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー ドイツ
1895-1922 アルトゥール・ニキシュ ハンガリー
1887-1893 ハンス・フォン・ビューロー ドイツ

musician_conductorカラヤン亡き後は、ロリン・マゼール氏が後任になると目されていたのですが、結局はクラウディオ・アバド氏に決定。ベルリンフィルと蜜月関係にあったマゼール氏の落胆ぶりはかなりのものであったと言われ、その後1999年までは出演要請を断っていたと言われています。

その後、アバド氏は2002年まで音楽監督を務め、その後は英国のサイモン・ラトル氏がそのポストに就きましたが2018年の契約更新をしないことを表明し、2018年8月に退任します。その後はラトル氏はロンドン交響楽団の首席指揮者に就任することが決定しました。

アバド氏は、2000年に胃がんで倒れ、手術で復活しましたが、2014年1月20日、ボローニャの自宅で胃癌により80年の生涯を閉じています。

◆退団していく団員

musician_fagotto_woman一方、名声と収入に恵まれたベルリン・フィルでも定年退職を前に退団していく団員もいます。フルトヴェングラーからカラヤンに変わったときも、音楽に対する考え方が合わず、退団した者もいます。

また、フルートのジェームズ・ゴールウェイもソロ活動に専念するためにカラヤンの慰留を振り切り飛び出してしまいました。入団テストで他の楽団員を驚愕させた類まれな才能を持つゴールウェイの退団は相当痛手であったでしょう。

結局、彼に代わる奏者が見つからず、ゴールウェイと入れ替わりで退団したツェラーを急遽呼び戻したというエピソードは有名です。

ゴールウェイは、自叙伝によると、かつて在籍したロンドン交響楽団では楽員同志の敵対的な分裂に悩まされていたようであるし、ベルリン・フィルについても”楽団員が自らの野心と不安感と競争心に支配されていたことは否めない”、と語っています。
結局、ゴールウェイはこうした人間関係に嫌気が差し、そして定年まできちんと勤め、小切手と金の時計を受取ってベルリン・フィルを辞めるというサラリーマン的な人生が性に合わなかったのです。

コンサートマスターであった、トーマス・ブランディスも弦楽四重奏団とベルリン高等音楽院教授に専念するため、その要職を捨てて退団してしまいました。

ドイツでは、オーケストラの団員よりも教授職のほうがステータスが高いとのことで、そういったお国柄もあるようです。

さらに、最近では大物プレイヤーのシェレンベルガー(Ob)までもが退団してしまいました。

ベルリンフィルの団員構成についてもお時間あればお立ち寄りください。

Pocket

関連記事

カテゴリー