カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

1987 カラヤンのウィーンフィル・ニューイヤーコンサート

Pocket

意外ですが、1987年がカラヤンにとってはじめてのウィーンフィルのニューイヤーコンサートでした。
しかし、そこには神のような雰囲気さえ漂い他の指揮者との格の違いが感じられます。
プログラムはカラヤンらしくポピュラーなものばかりで、所々で無邪気な仕草を見せて本当に楽しんでいる様子でした。また、キャスリーン・バトルとの共演も話題になりました。

IMG_21592

出演のオファーの経緯はわかりませんが、80歳目前のカラヤンでしたから、カラヤンとウィーンフィルのニューイヤーコンサートを実現させたかったのかもしれません。ちなみに画像はレーザーディスクのもの。今はIMG_21602

プログラム

作曲者
タイトル
1 J.シュトラウスⅡ世 喜歌劇「ジプシー男爵」序曲
2 ヨーゼフ・シュトラウス ワルツ「天体の音楽」
3 J.シュトラウスⅡ世 アンネン・ポルカ
4 ヨーゼフ・シュトラウス ワルツ「うわごと」
5 J.シュトラウスⅡ世 喜歌劇「こうもり」序曲
6 J.シュトラウスⅠ世 アンネン・ポルカ
7 J.シュトラウスⅡ世 ポルカ「観光列車」
8 J.シュトラウスⅡ世 ピチカート・ポルカ
9 J.シュトラウスⅡ世 皇帝円舞曲
10 J.シュトラウスⅡ世 無窮動
11 J.シュトラウスⅡ世 ボルカ「雷鳴と電光」
12 J.シュトラウスⅡ世 ワルツ「春の声」
13 ヨーゼフ・シュトラウス ポルカ「憂いもなく」
14 J.シュトラウスⅡ世 ワルツ「美しく青きドナウ」
15 J.シュトラウスⅠ世 ラデッキ一行進曲

キャスリーン・バトル(ソプラノ)
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン楽友協会大ホール

Pocket

関連記事

カテゴリー