カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

ベートーヴェン交響曲全集徹底比較

カラヤンとベルリンフィルは数々のベートーヴェン交響曲全集を録音しました。60年代のものから80年代のものまでを私なりに比較してみました。

やはりカラヤンとベルリンフィルは60年代と70年代が全盛のような気がしますが、ベルリンフィル創立100周年記念の英雄など名盤もあります。

収録年:1961-1962
b_album04 レーベル:DG
収録場所:イエス・キリスト教会
第九キャスト ■グンドゥラ・ヤノヴィッツ
■ヒルデ・レッスン=マイダン
■ワルデマー・クメント
■ヴァルターベリー
■ウィーン楽友協会合唱団
■ラインハルト・シュミット
評価とコメント ★★★★★★(6)
重厚性の観点から見ると、70年代の録音に一歩譲る
収録年:1961-1962
b_album01 レーベル:DG
収録場所:イエス・キリスト教会
第九キャスト ■グンドゥラ・ヤノヴィッツ
■ヒルデ・レッスン=マイダン
■ワルデマー・クメント
■ヴァルターベリー
■ウィーン楽友協会合唱団
■ラインハルト・シュミット
評価とコメント ★★★★★★★(7)
60年代の全集をSACD盤として復活。臨場感溢れるクリアな音がすばらしく、全く別の演奏のように感じる。第九リハーサルが特典とされているが、こちらもオススメ。
収録年:1971-1977
bs-all レーベル:DG
収録場所:
フィルハーモニーホール
(4,5,9,エグモント,コリオラン)
ベルリンCCCフィルムスタジオ
(2,3,6,7,8)
ベルリンUFAフィルムスタジオ
(1)
第九キャスト ■アンナ・トモア=シントウ
■アグネス・バルツァ
■ルネ・コロ
■ホセ・ヴァン・ダム
■ベルリンドイツオペラ合唱団
■ヴァルター・ハーゲン=グロル
評価とコメント ★★★★★★★★★(9)
管理人としてはこれがイチオシの超名盤。不自然な映像もそれなりに目立つが、それを意識させないほど演奏がすばらしい。すべてのシンフォニーが際立っている。また、カラヤンの指揮姿が実に美しい。
収録年:1975-1977
41uLJJKeV4L レーベル:DG
収録場所:フィルハーモニーホール
ウィーン楽友協会ホール(9)
第九キャスト ■アンナ・トモア=シントウ
■アグネス・バルツァ
■ペーター・シュライアー
■ホセ・ヴァン・ダム
■ウィーン楽友協会合唱団
■ヘルムート・フロシャウアー
評価とコメント ★★★★★★★★(8)
この録音が事実上カラヤンベートーヴェンの頂点と言われる。是非全集揃えて聴いてもらいたい気合の入った名演奏。
icon_amazon
収録年:1982-1984
b_album02 レーベル:DG
収録場所:フィルハーモニーホール
ウィーン楽友協会ホール(9)
第九キャスト ■ジャネット・ペリー
■アグネス・バルツァ
■ヴィンスン・コール
■ホセ・ヴァン・ダム
■ウィーン楽友協会合唱団
■ヘルムート・フロシャウアー
評価とコメント ★★★★(4)
80年代以降のベートーヴェンのテンポはだいぶ遅めだ。カラヤン全盛期のハイテンポな演奏を好むファンにとっては少々物足りない。ダイナミックさも息を潜め、衰えを感じる。
収録年:1982-1986
b_album05 レーベル:sony
収録場所:フィルハーモニーホール
ウィーン楽友協会ホール(9)
第九キャスト ■レッラ・クベッリ
■ヘルガ・ミュラー=モリナーリ
■ヴィンスン・コール
■フランツ・グルントヘーバー
■ウィーン楽友協会合唱団
■ヘルムート・フロシャウアー
評価とコメント ★★★(3)
グラモフォン版の映像よりもさらに不自然。奏者が演奏するポーズを取っているのがみえみえである。演奏も運命以外は及第点には遠く及ばず。

◆ベートーヴェンのレコーディング

なお、カラヤン&ベルリンフィルのベートーヴェンのレコーディングはこちらで検索することができます。

媒体やジャンル、録音場所など細かく設定して検索することができるようになっています。どうぞご利用ください。

Pocket

関連記事

スポンサーリンク




カテゴリー