カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

カラヤン邸とお墓

Pocket

◆カラヤンのお宅拝見

ドキュメンタリー映画「カラヤン・イン・ザルツブルグ」内で納車されたばかりのポルシェターボにエリエッテ夫人と乗り込むシーンがあり、このとき建物からエントランスを望む光景が現れました。

これから判断すると、自宅はほぼこれで間違いないと思われます(下の地図)。オーストリア郊外にあるんですが、本当にのどかなとこですね(行ったことないけど)。また、自宅も木造建築の非常にセンスある造りになっていて、センスの良さが伺えます。ドキュメンタリーや写真集などで自宅内の写真を何枚か見たことがありますが、お金持ちなのに派手さがないのがいい。とかくお金持ちって、ゴールドのトイレとかお風呂とかって作ってたりしますからね。

航空写真で見たところ、富豪の大邸宅にありがちなテニスコートやプールは見えませんが、室内プールはあるようです。

ちなみにyoutubeにカラヤンインザルツブルクがありますのでお時間あればどうぞ(英語)。

カラヤンの邸宅や納車されたばかりのポルシェターボなどが少し見れます。

ソニーの大賀会長との談話はこちらになります。

スポンサーリンク

◆カラヤン邸内部

なお、こちらの動画でエリエッテ夫人がアニフのご自宅でテレビか何かのインタビューを受けている様子が見れます。

1:38ぐらいからインタビュアーを玄関でお出迎えするのですが、かない広い造りであることがわかりますね。まるで美術館や博物館のようです。動画では玄関付近とインタビューする部屋だけなのですが、カラヤン邸の内部は写真集で一部を見ることができるぐらいだったのでとても貴重に思います。

また、7:00ぐらいからはカラヤンが夫人と2人の令嬢と登場する姿も見えます。どうぞご覧になってみて下さい。

家屋の南側は広々とした芝生。犬を飼っていて、毎日ドッグランできそうなぐらい広大。この庭でエリエッテ夫人や2人の小さい娘さんたちとの一時を過ごす写真を見たことがある方も多いのではないのでしょうか。あの当時のイザベルさんとアラベルさんはお人形のように可愛かった。

下がアニフ村のカラヤン邸です。非常に静かそうな環境です。

現在地
ルートを検索

それにしてもとても素敵なお宅ですね。エリエッテ夫人は普段ここにご在宅なのでしょうかね? それとも普段はもっと都市部の別荘かな。

スポンサーリンク

◆これがカラヤンのお墓だ!

カラヤンはオーストリアの郊外のアニフ村にある教会に眠っています。権力を誇示するような派手なお墓ではありません。質素なお墓と表現するメディアもあります。

しかし、自然の多い環境の中で、皆と同じように眠るカヤランに人柄を感じます。きっとお花も途絶えることがないのでしょうね。

現在地
ルートを検索

下のはカラヤンのお墓に行かれた方の動画です。

とっても静かな環境で安らかに眠っていることと思います。

なお、カラヤンのお墓や自宅の情報を探していたら素晴らしいサイトを発見。日本人の方で実際に行かれたようで写真付きです。感動。羨ましいです。カラヤンのお墓はこちら。自宅はこちら

Pocket

関連記事

70年代コンプリートボックス

べートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーン、シューマンの交響曲全集、10代のムターを世界に紹介することとなったモーツァルトとベートーヴェンの協奏曲録音、
そしてカラヤンにとっては非常に珍しいバロック録音(クリスマス協奏曲集)など、充実のレパートリーを収録。

カテゴリー