カラヤンとベルリンフィル研究サイト

ウィーン金貨1オンスを高く売る方法は?おすすめネット買取業者の比較もご紹介!


ウィーン金貨1オンスを高く売る方法とウェブ査定や宅配買取してくれるおすすめネット買取業者の比較をご紹介。その他に田中貴金属工業直営店(GINZA TANAKA新宿店)での売却手順、最新金価格相場グラフ(過去60営業日)など。

【本記事のテーマ】

・ウェブ上で査定してくれる業者を知りたい

・郵送でウィーン金貨をできるだけ高く売りたい

・ウィーン金貨1オンスの過去60日の価格推移を知りたい

・田中貴金属直営店での売却の流れを知りたい

ウィーン金貨高価買取中

最新ウィーン金貨買取価格(2020年10月20日 現在)

1オンス(37mm)214,701円(+653円)
参考:金価格(1g)7,167円(+20円)
※税込価格()内は対前日比
※価格は田中貴金属工業最新買取価格

【過去60日】ウィーン金貨1オンス買取価格推移(7/22-10/20)

過去60営業日(2020年07月22日 -2020年10月20日 )のウィーン金貨1オンス(一番大きい金貨)の買取価格(田中貴金属)相場のグラフをご覧になれます。1オンス以外の金貨もこのグラフの形と同じになります。金貨を高く売りたい時の目安にどうぞ。

▲最高値233,508円
(8/7)
▼最安値209,949円
(9/24)

最終更新日:2020年10月20日

ウィーン金貨1オンスを高く売るためのおすすめ買取業者

ウィーン金貨を高く売るには高価買取の業者を選ぶこと。ウィーン金貨の買取をしている3つの買取業者をご紹介!どの買取業者さんも無料出張査定で即現金化してくれます。

後半では田中貴金属工業直営店に私が行って換金して参りましたのでその様子もお伝えします。

宅配・無料出張でウィーン金貨買取の比較

自宅近くに金貨を売る店舗がなかったり、忙しくて行く時間がない場合は宅配や無料出張でウィーン金貨を売ることもできます。下記の3つの買取業者がおすすめです。

(1)福ちゃんでウィーン金貨を買取

イチオシは「福ちゃん」です。

福ちゃんは「ウェブ査定」をしてくれる買取業者さんです。買取希望の画像を送ると査定額を提示してくれます。

そして、宅配買取にも対応なので自宅にいながらにして金貨を売却することができます。

中尾彬夫妻がイメージキャラクターをしているので見たことがもある方もいるかと思います。買取金額アップキャンペーンを随時実施しているのが特徴。初めての方は10%アップで、2点以上だとさらに10%アップしてくれます。ちょっと汚れがあって売れるかなと思っている方にも相談に乗ってくれます。

・ウェブ査定・無料出張査定・即現金化・買取金額アップキャンペーン随時実施・状態が良くないものでも相談可

ウィーン金貨買取は福ちゃん

(2)買取プレミアムでウィーン金貨を買取

2つ目は「買取プレミアム」です。

切手の買取がメインですが金貨や古銭、宝石、ブランド品、時計、金券なども買取対象になっています。買取は日本全国OKで、女性スタッフも在籍。ちょっと汚れがあって売れるかなと思っている方にも相談に乗ってくれます。

他社より1円でも安ければ全品返却なので高額査定を目指すなら買取プレミアムです。宅配買取には対応していますが、ウェブ査定には対応していません。

・無料出張査定・即現金化・高額査定多い・女性スタッフ指名可能

ウィーン金貨買取は買取プレミアム

(3)バイセルでウィーン金貨を買取

3つ目は坂上忍氏のキャラクターでお馴染みの「バイセル」です。

月間問い合わせ件数が20,000件以上という人気に買取業者さんです。顧客満足度も高いです。

宅配買取はしていません。出張買取という形になります。

・無料出張査定・即現金化・顧客満足度が高い・クーリングオフ制度あり

ウィーン金貨買取はバイセル

(4)ウィーン金貨おすすめ買取業者比較表

福ちゃん買取プレミアムバイセル
ウェブ査定××
宅配買取×
出張買取
持込買取
女性査定員
最短即日対応
現金払い
無料電話相談
クーリングオフ
ウィーン金貨高価買取中

田中貴金属直営店(GINZA TANAKA)でウィーン金貨買取

では田中貴金属工業の直営店での金貨買取手順についてご説明します。

その日のウィーン金貨の買値がネットでわかる

田中貴金属の店舗で売る場合は公式サイトで税込買取価格が毎営業日に発表されていますので、その日に持っていけばいくらで売れるのかがわかります。

この税込買取価格がそのまま支払われるお金となります。この買取価格は手数料込みのようです。

田中貴金属の場合、以前は買取価格にプレミアム価格の有・無があってどっちだかよくわからなかったのですが、2019年10月1日より金貨の買取プレミアムを廃止し買取価格を一本化することによって非常にわかりやすくなりました。

GINZA TANAKA 新宿店でウィーン金貨1オンス換金時の流れ

私がGINZA TANAKA 新宿店にウィーン金貨1オンスを1枚換金しに行った時の流れを簡単にご説明します。

・店舗(1F)に入って要件を伝えると奥の部屋に案内される

・そこにも係員がいるのでそこで金貨売却の旨を伝えると申し込み用紙をくれる

・椅子に座って待ちながら、申し込み用紙に記入(名前や住所、生年月日など)

・整理番号を呼ばれたらブースに入って売却手続き(免許証や保険証など本人確認書類が必要)

GINZA TANAKA 新宿店は大塚家具の隣です(裏通り)。田中貴金属工業の直営店になります。

緯度経度で指定

大手貴金属店は普段行き慣れてないせいか敷居が高く感じてちょっと緊張しますね(だらしない恰好では入りずらい)。

平日の昼前に行ったのですが、その時は3人ほどが待っていて私は待ち時間含めて20分程で買取手続きが終了しました。混雑している時は平日でも1時間から2時間待ちもあるようです。

金価格が高騰した時に売却する時は朝一で行かれることをおすすめします(それでも待つことはあるかもしれませんが)。

公式サイトで当日の9:30に発表された税込買取価格と同じ額(180,870円)で売却できました。

で、私は売った金貨は現金でもらいましたが、振り込みもできるようです(ただし手数料必要)

なお、窓口(ブース)は3つか4つほどで、実際の買取手続きにかかった時間は5分から10分程度でした。流れ作業的ではなく非常に丁寧な応対でした。

買取などをした部屋は待合スペースも含めてそれほど広くはなく、待合の椅子は12人ほどしか座れませんでした。

大混雑している時は受付だけ済ませてどこかで時間を潰すことになるかもしれません。

田中貴金属でウィーン金貨を売却する場合はあらかじめ買取価格がわかりますし、その場で現金で支払って頂けるのですぐに換金したい方にはおすすめです(近くに店舗があれば)。

ただし、パチンコの換金所のように流れ作業的に処理するわけではなく、ブースも3つか4つしかないので混在時は相当待たされることを覚悟した方がいいかと思います。

ちなみにこちらがその時の明細書です。

なお、宅配(郵送)や出張での買取はしてないようです。

※貴金属店を出る時はひったくり等に十分ご注意下さい。

田中貴金属と通販買取業者のどっちがウィーン金貨を高く買ってくれる?

田中貴金属さんと通販買取業者とでウィーン金貨を売る上でのメリットとデメリットを表にまとめてみました。

メリットデメリット
田中貴金属安心感がある
買取価格がネットでわかる
買取価格が低い
近くでないと行けない
待ち時間が長い
店舗の敷居が高い
通販買取業者買取価格が良い
郵送で換金できる
業者によりバラツキ

結論から言って、ウィーン金貨を高く売りたい方、店舗に出向く時間がない方(近くにない)なら通販買取業者です。田中貴金属さんは安心感を重視する方、すぐに換金したい方、店舗にお近くの方におすすめです。

ただし、リサイクル業者のようなところには買取させない方がいいです。素人なので査定技術もありませんし、足元を見られて安く買いたたかれるだけです。

ウィーン金貨高価買取中

ウィーン金貨の売り時

ウィーン金貨の売り時を3つご紹介致します。

(1)基本的には金価格高騰時

金は銀行預金や郵便貯金と異なり、利子がついて利益を生み出すというものではありません。金そのものの価値が上がった時に売れば利益が出るものです。

ウィーン金貨の売り時は基本的には金が高騰している時。金は株価が低迷している時やそろそろ急落しそうだなという時に上がりだします。

また、戦争や紛争の開戦の兆しなど世界経済が不安視された時も金が高騰する傾向があります。

しかし、コロナショックの時は株価と同調する動きがあり、株価低迷時に金価格が上がるというケースが通用しなくなってきてはいます。

欲をかくと金の価格も反転してしまうこともあるので売り時に迷うこともありますが、複数のコインを持っているなら何回かに分けて売却する方法もあります。

株取引でいえばナンピン売りのようなものです。

売却後に金が高騰した場合、誰でも「もうちょっと待ってればよかった」と思うものです。

ですが、分割して売却することによって保険をかける形になります。

価格推移グラフを使って売り時を見つける

では、2020年4月17日時点でのウィーン金貨1オンスの過去60日に価格推移を見ながら売り時を考えていきましょう。

まずはAのあたり。横這い状態で上に行こうか下に行こうか迷っている時期です。そして2月20日頃から上昇を始めますが(コロナの影響か?)、超大台の200,000円台一歩手前の195,000円付近で跳ね返されます。

これは200,000円という非常に大きな節目で売り抜けようとする人がいると思われ、その前に売ってしまうとする心理が働くからです。

そして、下落を始め、Aの横這い状態からの上昇幅と同じぐらいの下落地点で止まります。Cのあたりでは株取引でも有名なW底となっていて上昇のサインとされています。

そしてまた195,000円付近で跳ね返されます。一度跳ね返された地点は抵抗線となりやすいです(下落の場合は支持線)。このあたりも株取引と同じような動きですね。

そしてジワジワと上昇を始めますが、やはり200,000円台の超大台で跳ね返されて、突破しようかどうか迷っているのがうかがえます。

このまま200,000円台の超大台で跳ね返されて下落するか、それとも200,000円を一旦突破し、一旦下落して200,000円付近で止まってから上昇を始めればさらにその上を目指す可能性が出てきます。

200,000円という超大台が目前なのでその時点でそこそこの利益があれば売却しても良いかと思います。

・横這いは上下どっちに行くか迷っている状態

・節目(5,000円や10,000円ごと)で跳ね返されたり、止まったりする

・特に大きな節目(100,000円ごと)は強力なラインとなり、突破するには相当強力なエネルギーが必要

(2)利益に満足した時

自分がこれだけの利益で満足という場合は売ってしまってもいいと思います。

金相場は非常に長丁場でもあります。高齢層になると10年、20年先と言われてもピンと来ないのも無理はありません。

購入時の価格を控えておいて、買取査定額で満足するなら売ってしまいましょう。一旦下がると当分上がってきません。

売却後は金相場を見ないことです。売ったら暫くの間忘れることです。

(3)ウィーン金貨の人気が高騰時

ただし、ウィーン金貨の人気が高騰することによって金価格にそれほど動きがなくても買取価格が上がることもあります。

結局は需要と供給のバランスで価格は決まるからです。

テレビや新聞、ネットなどのメディアでウィーン金貨が大々的に宣伝されれば、国内需要は一気に上がり、金価格に動きがそれほどなくても超高価買取が期待できるわけですね

誰でも金価格の頂点で売りたいと思うものですが、神様ではないのでそれは無理です。もうちょっと待っていれば良かったというのは結果論でしかありません。

関連記事

カテゴリー