カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

2019年はカラヤン没後30周年

Pocket

カラヤン没後30周年初物大量リリース情報!

早いもので2019年7月16日でカラヤン没後30年という大きな節目を迎えます。

グラモフォンとかソニー、カラヤン公式サイトなど各方面を覗いているのですが、やはりカラヤン没後30周年という大きな節目に合わせて初物を大量にリリースしてきました。

◆カラヤン没後30周年記念CD

1966年日本ライブ

ついに出た!!CDに関しては1966年代の日本ライブがカラヤン没後30周年に合わせてリリースされてきましたね。これは嬉しい。

東京ライヴ ~ モーツァルト : ディヴェルティメント第15番 | リヒャルト・シュトラウス : 英雄の生涯

札幌ライヴ ~ シューベルト : 未完成 | ブラームス : 交響曲第2番

松山・福岡ライヴ ~ J.S.バッハ : ブランデンブルク協奏曲第6番 | ブラームス : ハイドンの主題による変奏曲 | ドヴォルザーク : 新世界

岡山ライヴ ~ ドヴォルザーク : 交響曲第8番 | ドビュッシー : 牧神の午後への前奏曲、海

そのほかに1966年のベートーヴェン交響曲全曲連続演奏会もリリースされました(5CD)。

その他

その他にも1957年のベルリンフィル初来日のライブで、ワーグナー : ニュルンベルクのマイスタージンガー | R.シュトラウス : ドン・ファン | ベートーヴェン : 運命あたりも特筆ものです。これ以外にも多数の初物がリリースされています。

◆映像

映像ものではお蔵入りだった70年の第九や67年のブランデンブルク協奏曲もすでに販売されてしまいましたし、残るは以下のようなものがあります。

モーツァルト:3台のピアノのための協奏曲(1971年/エッシェンバッハ)

ベルリオーズ:幻想交響曲(1971年/パリ管弦楽団)

ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」リハーサル(1967年/ベルリンフィル)

未発売の映像ものはこれといったものがなさそうですね。

私としてはカラヤンファミリーのドキュメンタリーものあたりに興味ありますね。

後はCDの方で大量リリースされた1966年日本ライブの映像ものが出るかどうかですね。当時のライブ映像は収録はしているとは思うのでこれらがDVDあたりでリリースされれば買いですね。

やはりカラヤン没後30周年というとても大きな節目なので出し惜しみせずに一気にリリースして欲しいです。

◆出版物

これはさらに可能性が低そう。カラヤンの写真家で有名だった木之下氏も亡くなってしまいましたしね。

写真集とか無理でしょうけど、批評家が買いた本が出るかどうかぐらいでしょう。

なお、元第二ヴァイオリンのグスタフ・ツィマーマン氏が現役時代に大量の写真を撮りためていたそうですが、何等かの事情があって出版には至っていないそうです。

お宝的な写真をゴッソリ持ってるらしいんですがね。

しかし、そのツィマーマン氏も2018年2月17日に残念ながら逝去されました。

◆その他

後は電撃でエリエッテ夫人が来日するとか。体調悪そうですし、100%無理でしょうね。あってもドイツやオーストリア、フランスあたりでしょう。

ということでまた何か動きがあったらここに追記します。

Pocket

関連記事

カテゴリー