カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

カテゴリー:カラヤン

カラヤンと普門館

◆普門館 [mappress mapid="6"] 日本公演では1977年、1979年そして1981年に東京・杉並の普門館が使用されました。客席5000席という巨大ホールです。 カラヤンが普門館を使った理由は私はわかりませんが、…

詳細を見る

カラヤンのファミリー

◆カラヤンはバツ2だった カラヤンは三度結婚しています。一人目がオペレッタ歌手のエルミ・ホルガーレーフさん(三年で離婚)、二人目がユダヤ系のアニータ・ギューターマンさんであり三人目がフランス人のモデルだったエリエッテ夫人です。個人的には、…

詳細を見る

カラヤン夫人と娘と孫たち

2009年現在のカラヤンファミリー2009年の写真ですが、左からイザベルさん(長女:女優)、エリエッテ夫人、アラベルさん(次女:ミュージシャン)、イーリアさん(アラベルさんの娘)のようです。お元気そうな感じで良かったです。 この写真で…

詳細を見る

ザルツブルク復活祭音楽祭

1967年にカラヤンによって始められたザルツブルク復活祭音楽祭は、ワーグナーの楽劇の上演を最大の目的として創設。自ら芸術監督にあたった。管弦楽はベルリン・フィルとウィーン・フィルが検討されたが最終的にはベルリン・フィルに決定しました。そして…

詳細を見る

カラヤン邸とお墓

◆カラヤンのお宅拝見 ドキュメンタリー映画「カラヤン・イン・ザルツブルグ」内で納車されたばかりのポルシェターボにエリエッテ夫人と乗り込むシーンがあり、このとき建物からエントランスを望む光景が現れました。 これから判断すると、自宅はほぼこ…

詳細を見る

70年代コンプリートボックス

べートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーン、シューマンの交響曲全集、10代のムターを世界に紹介することとなったモーツァルトとベートーヴェンの協奏曲録音、
そしてカラヤンにとっては非常に珍しいバロック録音(クリスマス協奏曲集)など、充実のレパートリーを収録。

カテゴリー