カラヤンとベルリンフィル研究サイト

【短期上達】バイエル以外の初心者シニア用ピアノ教本のおすすめは?

特典あり豪華特典(楽譜3点と解説付きCD)進呈中!(期間限定)

短期で上達できるバイエル以外の初心者シニア用ピアノ教本のおすすめをご紹介!楽譜が読めなくても一度も楽器をやったことがない人でも安心して独学でマスターできます。

この記事はこんな方向け

・過去にバイエルでピアノに挫折した

・シニア(中高年)なので自宅でマイペースでピアノの基礎を学びたい

・自宅で手軽にできる趣味を探している

・動画を使ったわかりやすいピアノ教本を探している

バイエル以外の初心者シニア用ピアノ教本のおすすめ

30日で2曲が弾けるようになるピアノ教本(DVD)

ズバリ、バイエル以外の初心者用ピアノ教本のおすすめは「30日でマスターするピアノ教本」です。

教本にDVDが付いたもので、すでに13,000人以上の受講者を突破したとのこと。

ピアノ初心者は「継続しやすい」「わかりやすい」教本を選ぶのが短期で上達する上での絶対的なポイントです。

それを満たしているのがこの教本です。

似たような教本は他社でもありますがこの教本が売れてる理由があります。

売れてる理由

・30日で2曲弾けるようになるから

・口コミが多い

・実践的な内容

・プレゼント(特典)がある※期間限定

・ボケ防止に良いと思った

特にまだピアノに触れたこともないシニア層の方に大人気のピアノ教本です。

では具体的に見ていきましょう。

ピアノ指導経験の長いプロのわかりやすいDVD

通学制のピアノ教室に行ったとしても、その先生の教え方が上手とは限りません。

地元でピアノを長年教えてくれてるような評判の良い先生がいればいいのですが、近くにないかもしれません。

また、生徒さんとの相性の問題もあります。

練習してこない生徒にキツいことを言う方もいるのが事実です。優しい方ばかりではありません。

また、ご年配の方がピアノ教室に行っても若い人にように言われたことをすぐに呑み込めないことも少なくありません。

でも、何回も何回も同じことを先生に聞くことってなかなかできません。

その点、この教本はピアノの指導経験が豊富な講師によるDVDによる教材なので非常にわかりやすくできており、繰り返し見ることができます

講師の方は武蔵野音大卒の海野真理先生で、現在は広島で教室を開講されていて、子どもから年配者まで幅広い指導経験があるプロです。

海野先生の指導モットーは「楽しく」が基本です。

楽しいからこそ継続できるし、うまくなろうという気もおこるものです。そこを大切にされているわけですね。

テクニック重視の指導だとどうしても無味乾燥な練習になりがちですが、ピアノが初めての方はそれだとつまらなくて「合わない」と言って挫折してしまう人が多いんです。

海野先生のピアノ教本(DVD)がこちらになります。

第一弾で学ぶこと

★第一弾

・楽譜の読み方

・指の使い方

・曲のリズムの取り方など

★第二弾

・強弱、スラーといった表現方法

★第三弾

・臨時記号のより深い知識、タイや付点といった複雑なリズム

教本だけだと指の使い方がわからない人が多いようですが(どの鍵盤を押すかはわかっていても)、手元がよく見えるように撮影されたDVDなので安心して練習できます。

やはり、ノウハウものは動画で見るに限ります。

年配者の口コミも多い(認知症予防でピアノ)

年配者の受講者が多いのはわかりやすい教本である証拠です。

ピアノはパソコンやゲームと並んで指先を使うものですから、認知症予防にも最適です。新しい曲をどんどんマスターすることで頭も活性化できます(同じ曲をずっと弾いてはダメ)。

なので、年配者の方の受講も多いわけですね。足腰が弱くなって通学制では無理な方もこちらなら自宅で独学できるので手軽にピアノにチャレンジできるわけです。

少し口コミをご紹介致します。

<62歳男性 U様>
昔、娘に買った電子ピアノが埃をかぶっていたので、ボケ防止と何か1曲ピアノで弾きたいとの思いがあったので始めました。
団塊世代のせいか、練習したことをすぐに忘れてしまいます。教材は大変わかりやすく、海野先生のレッスンと編曲は素晴らしいと思います。

<69歳女性 T様>
DVDをパソコンの合間に見て、平均1時間はピアノを弾いて指の運動をしています。初めは、両手が難しく何度も練習して現在、トルコ行進曲で指を鍛えるまでを繰り返しています。最近、第九も両手で楽しく弾けるようになってきました。

ご年配の方が老後の楽しみとしてチャレンジしている口コミが目につきます。やはり、物覚えが悪くなってくると通学制のレッスンは気が引けてしまうのが読み取れますね。

また、自分のペースで練習を進めていらっしゃるのがわかります。ここも通学制とは異なるメリットです。ゆっくりでもいいので着実で前進していけば、必ずピアノは弾けるようになります。

名曲クラシックならピアノ練習が楽しい

「30日でマスターするピアノ教本」は誰でも一度は聴いたことがある名曲クラシックを練習するのでやりがいがあります。

みんなが知ってるような名曲で練習する。ピアノを続ける上で、これはとっても重要なのです。

しかし、みんなが知っている曲といっても「さくらさくら」のような曲ではカッコつきませんよね。小さい子供ならともかく、大の大人がこれではモチベーションがアップしません。

でも、この教本はクラシック音楽で練習しますので、ピアノの音を聴かれてもカッコ悪くありません。

主な練習曲

★トルコ行進曲「モーツァルト」

★主よ人の望みの喜びよ「バッハ」

★メヌエット「ベートーヴェン」

★アヴェマリア「カッチーニ」

「30日でマスターするピアノ教本」の価格は?

30日でマスターするピアノ教本」は公式サイトだけで購入できます。アマゾンや楽天市場などの量販店では買うことができません。

一括払いの場合は下記の通りです(税込み・送料込み)。

36,080円(税込み)

クレジットカードでリボ払いにすれば月々無理なく支払うことはできますが、この値段であれば分割ではなく一括でお支払いした方が高い金利を払わなくて済みますのでお得です。

バイエルを買うよりはお高くなりますが、DVDでのわかりやすい説明なので初心者はこちらがおすすめ。また、通学制のピアノ教室に比べ、交通費もかからず、自分のペースで練習できるわけですから、通学制よりも費用をぐっと抑えることができます。

なお、発送はヤマト運輸のみなので安心です。

ということで、ピアノをやりたいけど何からやっていいのかわからない方や久しぶりにピアノを再開したい方に特にこの教本をオススメします。もちろん電子ピアノ(キーボード)でも練習方法は同じになります。

この教本をマスターして、いずれはショパンの「別れの曲」あたりを是非目指して頂きたいと思います。さすがに「幻想即興曲」は無理かもしれませんが、「別れの曲」でしたら努力すれば絶対にイケますよ!

このショパン「別れの曲」1曲だけ弾けるだけでもあなたへの評価は急上昇すること間違いなしです。

詳細・ご注文は30日でマスターするピアノ教本

今なら期間限定の豪華特典あり

今なら楽譜と解説付きCDを追加でプレゼント中です。

名曲として非常に有名なのでやる気が出ますね。

それと、紙の鍵盤シートとピアノに貼れるドレミシールもおまけとして付いています。

鍵盤シートは夜のイメージトレーニングに、ドレミシールは一目でドレミがわかる便利なシールで慣れた後は綺麗に剥がすことができるので初心者の方には大変便利はアイテムです。初めてのピアノに役立つプレゼントばかりです。

なお、特典付きご注文は18時までなのでご注文の際はお気を付け下さい。特典キャンペーンの時に購入する方が絶対お得ですのでキャンペーン終了前にお申込み下さい。

詳細・ご注文は30日でマスターするピアノ教本

短期でピアノが上達する秘密とは

30日でマスターするピアノ教本」は楽譜も読めない初心者が30日という短期でピアノを弾けるようにする教本です。

短期でピアノをマスターするには、「わかりやすい教本」を使って「楽しく」、そして「どんどん練習」することです。

「わかりやすさ」と「楽しく」は前項でお話しした通りです。

ここでは「どんどん練習」する意味についてお話します。

自宅で反復練習でピアノが上達する

通学制のピアノ教室ではわからないことがあっても何回も何回も説明を聞くわけにないきません。先生だって人間ですからイライラしたりする人もいます。

その点、映像による教本はわからないところがあれば何回でも見直すことができます。自分のペースでピアノを練習できるわけです。

マイペースで練習できるという環境はシニア層に特にオススメです。時間が空いた時にゆっくりと何回でも練習するれば少しぐらい時間がかかってもいつかはピアノが弾けるようになります。

一つものにできれば、自信につながって、2曲目、3曲目とどんどんマスターできるようになります。つまり生きがいができることになるわけです。

新しい曲をマスターすることは頭の活性化につながるので、同じ曲をいつも弾くよりずっと脳にいいです。

独学なら自分のペースでピアノの練習ができる

独学のメリットは自分のペースでどんどん練習を進めることができることです。

通学にかかる時間がないわけですから、その分を練習に充てることができます。もちろん交通費もかかりません。

また、通学制ピアノ教室だと急な都合で行けなくなった場合、振替ができないところもあります。

通学制ピアノ教室でレッスンをするタイプの教室に比べ、自分のペースで進めることができるのですからやる気があればそれだけ早くマスターできるわけです。

バイエルは退屈なのでピアノ初心者は挫折しやすい

日本では初心者がピアノを習う際の教本としては昔から「バイエル」がなぜか定番です。一度は目にしたこともあるかと思います。

しかし、ピアノを習う上で「バイエル」のような無味乾燥で難易度が高い練習曲を毎日念仏を唱えるかのように練習するのでは飽きてしまうのは当然です。

初心者がバイエルに向かない理由

・曲らしい練習曲がない(楽しくない)

・ト音記号が多いのでヘ音記号に弱くなる

・初心者にはハニホヘトイロハは不要

一部のやる気満々の人しか続かないのです。

決して「バイエル」が悪いという意味ではありません。プロの音楽家や保育士、幼稚園教諭を目指す方なら別ですが、趣味としてピアノを早くうまく弾きたい方にはもっと適した良い教本があるのです。

詳細・ご注文は30日でマスターするピアノ教本


関連記事

カテゴリー

管理人プロフィール

都内在住のおじさん。趣味はクラシック音楽とバイク、パソコンなど。