カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

カラヤンの第九リハーサル(ゴールドCD)とドイツ国歌

1962年録音のベートーヴェン第九交響曲(ベルリン・フィル)のリハーサルの模様(約30分)が録音された貴重な資料 (ゴールドCD)。
1989年頃「karajan foever」シリーズを購入して点数をコツコツ貯めて入手したCD。

ついにやったぜ!と思ったら、その前にレコード盤もあったようです(*´ω`*)

IMG_21122当時54歳のカラヤンのガラガラ声がベルリン・イエス・キリスト教会内に響きます。
ベルリン・フィルのセクションごとのリハーサルも聴け、臨場感が抜群です。こういうのいいですね。

リハーサル模様を一部抜粋してみましょう

結構です。たいへん美しい!ひとつお願いしたいのは、チェロのクレッシェンドを出来ればもう少しあとからはじめてほしいのです・・・・

その点は音を正しく弾き始めるという意味です。この点は別に音の長さとは関係がない。そんな風に音楽学校で習った者は国民を欺瞞する者として追い出されるよ。ではその小節を!・・・・・・

ちがう!ここでは互いに浸透して流れていく形を見つけなければならない。この曲を20年間きいているといつもここのところで、3拍子でなくて4拍子が出て来てしまう・・・・

このCDは、リハーサルのほかにヨーロッパ会議加盟17カ国の国歌も収録されています。 国歌の演奏もベルリン・フィルです。

スポンサーリンク

西ドイツ(現ドイツ)の国歌はハイドンが作曲したものなのでやっぱりいい曲ですね。正確に言うと、1797年にヨーゼフ・ハイドンが作曲した弦楽四重奏曲第77番「皇帝」の第2楽章の主題をオーストリア帝国の国歌としたもので、帝国消滅後の1922年以来ドイツ国歌として採用されているものです。美しいメロディーなのでドイツ国歌大好きです。聴いてみてください↓

オーストリア帝国時代の音楽はこちらです。メロディは同じです。お時間ありましたらどうぞ。

ちなみにオーストリアの国歌はモーツァルトかと思いきや、実はヨハン・ホルツァーの作とする節が有力なのだそうです。以前はモーツァルトが作曲したと言われていたみたいですけど。

それからヨーロッパ賛歌というのもカップリングされています。これは第九の四楽章をカラヤンが編曲したとのことですが、どこをいじったのかよくわからない。

IMG_21132当時ちょっとだけ話題になったゴールドCDです。もうかなり経っていますが、まだ輝きは失っていません。当時は非売品だったので宝物だったんですが、その後一般発売されたみたいでお宝度がダウン(*´ω`*)
IMG_21142

スポンサーリンク

Pocket

関連記事

スポンサーリンク




カテゴリー