カラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の研究サイト。カラヤンファンの私がカラヤンとドイツの名門ベルリンフィルの素晴らしさお伝えします。

カテゴリー:映像(DVD/LDなど)

チャイコフスキー交響曲第4番/第5番

チャイコフスキー交響曲第4番と第5番のライブ。フィルハーモニーでの収録です。確か1991年頃に買ったもの(レーザーディスク)。アキバの石丸電気で買ったけど、もうあれから四半世紀。人生あっという間ですね。ちなみに6番の悲愴はワイセンベルクとの…

詳細を見る

カラヤンのブラームス ドイツレクイエム

1978年3月22日にザルツブルク復活祭音楽祭で、祝祭大劇場で演奏されたブラームスのドイツレクイエムです。コンマスはミシェル・シュヴァルベ、ソリストは、ヤノヴィッツ(ソプラノ)、ホセ・ヴァン・ダム(バス)、合唱はウィーン楽友協会合唱団で、合…

詳細を見る

1989年のベルリンの壁開放コンサート

1989年11月にベルリンの壁が崩壊し、翌90年に正式に東西ドイツが統一されました。89年のベルリンの壁崩壊時にバレンボイム氏とベルリンフィルはレコーディングのため教会にいたそうですが、楽員たちはみなこの出来事に感動し、演奏会を開催すること…

詳細を見る

カラヤン バッハ: 管弦楽組曲第2番、ブランデンブルク協奏曲第3番

カラヤンがベルリンフィルとスイスで録音したバッハ管弦楽組曲第2番、ブランデンブルク協奏曲第3番です。私はフルートが趣味なのでこの曲はよく聴くのですが、ゴールウェイとかの音色と比べると、ツェラーの音色はかなり地味に感じました。特に派手さを感じ…

詳細を見る

1987 カラヤンのウィーンフィル・ニューイヤーコンサート

意外ですが、1987年がカラヤンにとってはじめてのウィーンフィルのニューイヤーコンサートでした。しかし、そこには神のような雰囲気さえ漂い他の指揮者との格の違いが感じられます。プログラムはカラヤンらしくポピュラーなものばかりで、所々で無邪気な…

詳細を見る

スポンサーリンク




カテゴリー